FC2ブログ

更紗とアジアの良布

ARTICLE PAGE

2002年5月 東京国際フォーラム(有楽町)

展示会のようす
  • comment0
  • trackback0



「生命樹 アジア各地の染織に描かれる 花・獣・樹木の文様」

2002年5月の展示会の様子です


あらためて多くの方にご来場いただき、お礼を申し上げます。また、展示会のお知らせを

掲示していただいたASIA TEXTILEの石黒さん、インドネシア・メーリングリスト、天竺更紗庵の

管理人様にも、心より感謝を申し上げます。



これまで収集した「生命樹」の染織をメインに、インドネシア・チレボン在住の染織家・

賀集由美子さんが主宰する「スタジオパチェ」の作品コーナーも設けました。


スタジオパチェの布は、チレボンの伝統を維持しつつも、これまでにない楽しい模様の

ランチョンマットや、テーブルを彩るのに良さそうなミニスレンダン(肩掛け)などがあります。

従来のバティック(ジャワ更紗)では、見ることのできない楽しさだけでなく、実用性もあります。

賀集さんの作品に関心を持つ、多くのお客様にも、ご来場いただきました。


この展示会でも、友人の山田桂子さん(茨城大助教授)がサポート、協力してくれました。

国際関係の仕事をし、自らもHIVと戦う佐藤美奈子さんが、ボリビア、ケニア、トルコ、

カンボジアに赴任中に、収集した布やアクセサリーも展示しました。

佐藤さんはコレクションを販売し、HIV感染で苦しむアフリカの子どもたちの自立支援に

役に立てたい、と話していました。


展示会の日程が決まってから、開催日まで1カ月半。とても慌ただしい準備期間でした。

終了後、いろいろな反省点も浮上。未熟さを痛感し、すっかり落ち込んでしまいました。


●その時の「ご案内ハガキ」はこちらから●

http://blogs.yahoo.co.jp/rmkn980302/17735.html

●佐藤美奈子さんのブログ(現在UNの職員としてアフガニスタンに駐在)●

http://brujamina.blog.ocn.ne.jp/afghanistan_paradise/


■生命樹の文様についての詳しいお話しは、これから少しずつ書いていきます■

Comments 0

Leave a reply