FC2ブログ

更紗とアジアの良布

ARTICLE PAGE

本の山

日々是
  • comment6
  • trackback0
最近、寄せられた、イベントなどの案内いただいたはがきを、今朝、ブログに掲載しようと
まとめておいていたのですが、見当たらなくなってしまいました。
私の仕事部屋は、まるで、バミューダ海域のようです。

たまには、こういう話題も良いかな・・・と思い、作業台の上に積み重ねられている本を撮ってみました。
足元(床の上)には、美術工芸に関する大型本の山が、ふたつもあります。
はがきの束も、きっと、この部屋のどこかに潜んでいるのでしょう。




うちは、夫の仕事柄もあって、本は溜まる一方です。
寝室の床には、夫の本がいくつも山になっています。
年に二度ブックオフに来てもらっていますが、それでもなかなか片付きません。

私と夫で、同じ本を買っていることもあります。
無駄~と思いつつ、仕事中の夫に「あの本買った?持っている?」と電話しても、
「わるいけど、あとにして!!」ガチャンと切られてしまうのは目に見えています(笑)
そんなこんなで増えるばかり。


本の山、下から

1)クロワッサン 着物の時間・2 美しく装って、きもの語り マガジンハウス
 気晴らしに、パラパラめくっています。


2)「舎利---韋駄天と足疾鬼」 片山清司・著 小田切恵子・絵 BL出版
 先日、こちらでもご案内した小田切さんの個展で購入しました。
 絵はもちろん、内容も素晴しい!!大人も楽しめる絵本です。


3)「インド染織の旅」 安藤武子 源流社
4)日本とアジアの生活と造形 第六巻 「色と形」 金子量重・編 学生社
 いずれも、時々、参考にしています。


5)「生命と食」 福岡伸一・著 岩波ブックレット
  生きるために食べる・・とはなんぞや?という長年抱いてきた素朴な疑問に、答えてくれているようです。
  ベストセラーになった「生物と無生物のあいだ」で書き足りなかったことをまとめたそうです。
  分子生物学者の書いたものですが、難しくなりがちな話を、とてもわかりやすく書いています。
  とにかく話が楽しい!超~オススメ。


6)「日本人になった祖先たち」 篠田謙一・著
  遺伝、血筋、血液型にこだわる方、是非、ご一読下さい。
DNAは環境にも影響されて変化する「やわらかいもの」ということが、最近の研究で明らかに
  なっているそうです。遺伝子と環境の複雑な相互作用でヒトが形作られているようです。
  最近、母親に似たところがあるのかな~?と不安に思っていた矢先のことなので安心しました(笑)
  ・・・難しい単語ばかりなので、まだ消化できていませんが、DNAの解明はロマンチックです。


7)「偽善エコロジー」 武田邦彦・著 幻冬舎新書
  エコエコ・・・エコが巨大産業になっているのでは?と思ったときに出会った本です。
  レジ袋は、石油の不必要な成分を活用した優れものであるとか、バイオエタノールのことを、
  飢えた人にではなく、車に食料をくべる不思議・・等のことが書かれています。
  異様な盛り上がりを感じたら、違った角度から見ることも大切だと、あらためて痛感した一冊。


8)「ヘマな奴ほど名を残す---エラーと間違いの人類史」ピーノ・アブリーレ・著 
  泉典子さんの訳なということと、タイトルが面白そうなので買いました。まだ読んでいません。
  

9) ブックカバーの中身 「富士日記・<上>」 武田百合子・著
  日々の暮らしのメモという感じが、長年読まれている魅力のひとつなのでしょう。
  移動中の電車やバスで読むには最適です。なので、ブックカバーがついています。
  ちなみにバティックのブックカバーです。


10)「李陵・山月記」 中島敦・著
  以前からタイトルと著者だけは知っていた本です。
  友人が読み終えたから・・・とくれたものです。あなたが好きそうな内容よ!と勧められ、
  その際、お腹一杯になったような気もしますが・・・(笑) いずれ読んでみようと思います。
 


11)「夢十夜」・「草枕」 夏目漱石・著 集英社文庫
  G・グールドも愛したという草枕です。本棚でお休みいただいているというのは嘘でした。
  ほんとうは、机の上で横になっていたようです(笑)


12) 「日本の269色」永田泰弘・監修 小学館文庫
  これは、文庫本サイズで便利なので、いつも机の上に置いています。重宝しています。


私の仕事部屋は、本の山のほかに、糸の山、布の山・・・があります。
年末に向けて、整理しなくてはいけないのですが、
あれも、これも、考えるだけで、くじけてしまいそう~~♪

布、糸の山も整理して、12月11日~のイベントの場外で格安でご提供します。


---そういえば、最近、船や飛行機が消えるという、バミューダ海域が話題になりませんね。
あれは、なんだったのでしょう。

Comments 6

針刺し家  
No title

本は 溜まりますよね
乱読の私ですが おもしろい本などあればまた 紹介して下さい

2008/11/25 (Tue) 08:34 | EDIT | REPLY |   
Collection Saya  
No title

はり様、ほんとに本は溜まりますね~。
最近は、実用ばかりで、文学に触れる機会が少ないです。
この中に読んだことのある本はありましたか?

2008/11/25 (Tue) 13:11 | EDIT | REPLY |   
針刺し家  
No title

やっぱり草枕でしょう
三四郎 それから 門 の 3部作 など 漱石大好きです

2008/11/25 (Tue) 20:03 | EDIT | REPLY |   
Collection Saya  
No title

さすが!はりさん。
たしかに漱石は魅力的ですね。けれど、今の私にはすこし難しいです。
若い頃は、読めたのに・・・なぜでしょう。

2008/11/26 (Wed) 08:53 | EDIT | REPLY |   
まったけ館長  
No title

こんにちは。まったけと申します。武田邦彦工学博士に関する記事を投稿しましたところ、「こんな記事もあります。みんながどういう記事を書いているか見てみよう!」で紹介されましたのでトラックバックをさせていただきました。

2008/12/26 (Fri) 18:41 | EDIT | REPLY |   
Collection Saya  
No title

まつたけ様、環境問題・・・踊らされないように、
熟考したいと考えている一人です。。。
今後ともよろしくおねがいします。

2008/12/29 (Mon) 20:37 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply