FC2ブログ

更紗とアジアの良布

ARTICLE PAGE

蓮布に描いた更紗

オリジナル
  • comment0
  • trackback0


  日本では藕絲(ぐうし)と呼ばれ、現在もビルマ北部で作られる、蓮の糸の繊維で織った布に、

  ジャワ更紗の産地チレボンとジョグジャカルタで、ろうけつ染めで染め付けてもらいました。

 
  数千もの蓮を採取し、茎の部分を糸にして紡ぐ工程は、とても手間のかかる作業でしょう。

  こうした工程を経て、ようやく機に掛けられ織りあがります。

 
   ようやく手元に届いた蓮の布を眺めながら、ろうけつ染で模様を描いてみては?と思い立っ

  てから、さらにインドネシアの工房に持ち込み、これが出来上がるまでに2年あまりを経て

  出来上がりました。





 写真・手前  西ジャワ州 チレボンの「スタジオパチェ」で染めていただきました。

       主宰者の賀集さんには、蓮布の特徴をよく理解していただき、

       最大限に活かしていただきました。


 写真・中  ジョグジャカルタでお付き合いがある工房にオーダーしてみました。
       
       中部ジャワの伝統模様「カウン」が描かれています。


 写真・上  素のままの蓮の布です。夏場の着物の帯に仕立てても、味わいがあり素敵です。

   
  ● そのまま壁に掛けるだけで素敵な布です。また、創作でのお洋服をはじめ、

     きものの帯や、きものまわりの小物、表装などにも適していると思います。

Comments 0

Leave a reply