FC2ブログ

更紗とアジアの良布

ARTICLE PAGE

1957年産ワイン

日々是
  • comment15
  • trackback0
先週のイベントから、持ち帰ってきた荷物の片づけ中です。
そんな合間に、今日は忘年会ランチに出かけました。

お店選びを任されていたことをすっかり忘れていて、今週はじめになって店探をしていたら、
モナリザの予約が取れません。最近発売されたミシェランガイドで紹介されたのだそうですね。
結局、今日はニューヨークスタイルのお店に決まりました。
忘年会ランチだと、皆、飲みすぎることもなく、上品なうちに幕が閉じ・・・それもなかなか良いもんです。

今日のランチに関係はありませんが、、、
我が家の倉庫から出てきた、十数年前にいただいたワインです。(写真・右)
家にワインがあれば、友人を招いたりして、途端に飲み干してしまうところですが、
飲まずにあるのはなぜでしょう。





1957年産なので、51年前に作られたものです。私よりもかなり?年上です。
もう、バルサミコ酢のような味になっているのかもしれません(笑)。
はたして、バルサミコのようになるのかも?です。


以前、あるフランス料理のシェフに、このワインをどうしようかと話したところ、
「そのワインを開ける時には、料理をご馳走しますので、私にもひと口・・・」との有難いお話もありました。
保存の状態もよくないので、お言葉に甘えるわけにはいきません。
皆で、おちょこに一杯づつ・・なめるくらいが、衝撃(!?)も少なく、良いのではないかと思っています。


もうひとつは、アイスワイン(貴腐ワイン)。写真・左
デザートワインは、私も夫も、甘いワインやリカーが苦手なこともありますが、
食事も選ぶので、我が家で出る幕なし・・・。ちなみに2002年産です。


---どちらのワインも、親戚のような叔父さんからいただきました。
ご家族もアルコールはまるでダメだということで、贈られるワインは、すべてうちに回ってきたというわけです。

その叔父さん、アメリカの支社長を終え帰国し、本社の常務になり・・・華麗な昇進を続けていた頃、
よくうちにワインが廻ってきました。その頃、頻繁にいただくワインを、ありがたみもなく飲んでいましたが、
今思うと、どれも口当たりの良いワインばかりだったような・・・。


この1957年もののワイン、飲まれることのないまま、地震でバリ~ンというのも、
ワインとしての人生を全うされないような気もしますね(笑)。
それを考えると、早く、皆で飲んで(なめて)しまう方がよいのかもしれません。


それと、この貴腐ワイン、飲めるのでしょうか?傷んでいたりするのでしょうか?
このワインを材料に、お正月にジェラートかなんか作ってみようかな・・・と思ってみたり。


あ~、今年も、年末の掃除は、「どうしよう」の壁にいくつもぶつかりながら・・・です。
こうして考える割には、結論を出せず、結局、また仕舞いこむ・・・のがいつものパターンです。

Comments 15

がらくた・おやじ  
No title

このワイン・・・って、たぶん、毎年同じような事で、いつの間にか年を重ねていったのかもしれません。

ちなみに、我が家に新婚旅行で、海外旅行に行った時、免税店で買った、超高級ブランディーが未開封のまま、中身が飛んでゆきました。
これを「天使の飲み口」と言うのだそうです。

サイドボードの中に甘いブランディの香りが充満しておりました。

昔は超高級ブランディのボトルを飾るという変な趣味がありました。

今、考えるとプチブル趣味だと、我ながら苦笑。(爆)

2008/12/19 (Fri) 13:37 | EDIT | REPLY |   
cre*mwa*e1*79  
No title

ワイン飲まれるのですね。うらやましいです。私はお酒そのままはダメなんですがチョコとかにラム酒が効いてるのとかは大好きで毎日食べてます。年末大掃除私もそろそろしなければ・・・

2008/12/19 (Fri) 18:39 | EDIT | REPLY |   
沼の住人  
No title

お!我が愛するハンガリーのトカイ、それもエッセンシアですから、最上級の甘口デザートワインですね。この手のワインは通常の赤や白よりも温度変化には強いですから、多分飲めると思いますよ。写真で見る限りは色合いも健全ですし♪

そのシェフのお店で料理を楽しんだ後に開けてみては如何でしょうか?

2008/12/19 (Fri) 20:13 | EDIT | REPLY |   
Collection Saya  
No title

リーマンパッカー様
「天使の飲み口」という表現はおもしろいですね♪
うちにも、ナポレオンとかいうお酒で、本の形をした陶器に
入っているものとか・・・ありましたね~。
プチブル。プチブルジョワの略でしたっけ?
最近あまり聞かなくなりましたね~。
このワインは、今年も年末に表に出してもらえたものの、
仕舞いこまれる運命かもしれません・・

2008/12/20 (Sat) 10:26 | EDIT | REPLY |   
Collection Saya  
No title

creamwear1979様、お酒だめなんですね。
かわいい、k様のことなので、チョコに入っているラム酒とか・・・のほうが似合っています。
今さらながら、私も飲めない人になりたい・・です(笑)。

2008/12/20 (Sat) 10:34 | EDIT | REPLY |   
Collection Saya  
No title

沼様 まったく気がつかなかったのですが、ということは、
どちらも貴腐ワインってことなのですね。。。
1957年もののほうは、ロゼが変色している?と思っていました。

それなら、食後にティースプーンひと匙で充分かもしれません。
フランス料理のシェフが、その話を覚えていてくださると良いのですが・・(笑)。

2008/12/20 (Sat) 10:41 | EDIT | REPLY |   
沼の住人  
No title

はい。ただ、トカイの方は左のアイスワインの10倍以上の値段です。これだけ古いエッセンシアはブダペストの専門店以外では見た事が有りません。おそらく褐色に近い色合いになっていると思いますが、状態が良ければ素晴らしい味わいだと思いますよ♪

2008/12/20 (Sat) 16:34 | EDIT | REPLY |   
kimono  
No title

1957年製ですか、
私よりも年上ですね、
発酵が進んでバルサミコになってるかもしれませんが
それはそれで、おいしいお料理にしてあげてください。

2008/12/20 (Sat) 22:18 | EDIT | REPLY |   
Collection Saya  
No title

沼様 かなり糖度の高いワインなのでしょうね。縁がなさそうです。
どなたか普通のワインと交換してくださらないかな~(笑)

2008/12/21 (Sun) 17:00 | EDIT | REPLY |   
Collection Saya  
No title

kimono様 バルサミコではなく、シロップ?になっているようです。
はて、さて、どうしようか悩んでいます。
スィーツなら、美味しくいただけそうですね~。

2008/12/21 (Sun) 17:02 | EDIT | REPLY |   
.  
No title

私もそんな親戚のような叔父さんがほしいです(笑)うちの伯母も古いブランデーがバルサミコ酢になるのをずっと待っているようです…私にはただ蒸発して量が減っているように見えるんですけどね(汗)
風邪で寝込んでいたので遅くなりましたが先日のお買い物アップさせていただいたのでのぞいて見て下さいね♪

2008/12/23 (Tue) 12:06 | EDIT | REPLY |   
kimono  
No title

すみません、
1955年生まれの私より年下でした(汗)
サバを読んだわけではありません、
酔っ払っていて計算が出来なかっただけです^^

2008/12/23 (Tue) 17:34 | EDIT | REPLY |   
Collection Saya  
No title

ばつどそんぐ様
どこの家にも、怪しい(!?)ブランデーなどがあるようですね~。
ブランデーは、蒸発されるようですね。
天使に飲まれぬうちに、お菓子などに使われてはいかがでしょうか。

そういいながら、口にするものに入れるには、、、
ちょっと怖いと思っている私です(笑)

2008/12/24 (Wed) 21:56 | EDIT | REPLY |   
Collection Saya  
No title

kimono様 ワインよりお姉さんですか?
真面目にお答えになられるところ、かわいいお姉さまです~。

2008/12/24 (Wed) 21:59 | EDIT | REPLY |   
Collection Saya  
No title

す、すみません。
↑ばっどそんぐさん、ばつとそんぐさんになってしまっています。
失礼しました~。

2008/12/24 (Wed) 22:00 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply