FC2ブログ

更紗とアジアの良布 Rumiko KOGA

ARTICLE PAGE

芋麻の布

布の話
  • comment15
  • trackback0
以前、韓国で購入した芋麻の布が出てきました。

幅30×長さ220cmもあります。もともと、どのような用途で使われているのか、
染める前に知っておきたいと思いました。




いろいろ調べてみましたが、しっくりいく回答が得られません。
思い切って、駐日韓国大使館に電話を入れ、韓国での芋麻の用途について知りたいけれど、
国内のどこかで調べられるところはないかと訊ねてみました。

ちょうど、麻布十番の韓国文化院で、『韓国服飾の足跡と現在』というイベントをやっていることを
教えていただき、すぐに行ってみることに・・・。




『韓国服飾の足跡と現在』では、生まれたばかりの子供の服から、
婚礼衣装、飾り、喪服、寿衣(最後の晴れ着)まで、幅広く、充実した展示内容でした。

芋麻の用途について、
上着にあたるチョゴリや、スカートにあたるチマなど、好みの色に染めたり、刺繍を施したりと使われるそうです。
日本の白生地反物と、似たような使い方ということだと思います。

このイベントで来日されているソウル女子大学の先生に、
布の話や、文化的な背景など、たくさんのことを教えていただきました。





芋麻(=ラミー)は、韓国では「モシ」といわれ、日本では「ちょま」「からむし」、
沖縄では「ウー」、「ブー」と呼ばれています。

芋麻の糸は、宮古上布、八重山上布にも使われています。
韓服に仕立てられた、上布のような肌触りの、芋麻をなめした布もありました。(写真・上)

絽や紗のような布も見せていただき、ポジャギ(袱紗)の使い方も教えてくださいました。
布の用途や使い方、その背景を知り、あらためて韓国は、とても身近な国だと感じています。


---この芋麻の白生地が、どのように染められるのか、とても興味があるとおっしゃっていました。
さ~て、どうなるのでしょう。期待を裏切らないものにしなければいけませんね。


*許可を得て、写真を撮らせていただいております。

Comments 15

ozawami  
No title

やはり文化のルーツが、似通っているんですね。
さて、この布はどうなるのでしょうか。
きっと、凝った素敵なものになるにちがいありません♪

2009/02/10 (Tue) 21:47 | EDIT | REPLY |   
赤唐辛子  
No title

前にちょまの糸にする作業を見たのですが。。。そりゃあ宮古上布は高価になるわな~と思う作業でした。
スカーフのように軽い宮古上布と同じように軽いんでしょうね、韓国の服も。

2009/02/10 (Tue) 23:02 | EDIT | REPLY |   
ふさこ  
No title

非常に気になります~^
沢山あるようですね。
いい物を見た後では、発想も一段とさえたのではないでしょうか~。

2009/02/10 (Tue) 23:52 | EDIT | REPLY |   
kou*yuan  
No title

興味ある品をお持ちですねそして用途や歴史に至るまでのご高察感服します。私たち「和」の織、染に関わるものも今一度原点をたどるモノづくりをしなければと思います。有難う御座います。

2009/02/11 (Wed) 10:56 | EDIT | REPLY |   
Collection Saya  
No title

ozawami様
韓国はほんとに近いと感じました。
布幅がもう少しあれば、活用の可能性が広がるのですが・・。
・・・ほんとにどうなるのでしょうね。(←あまり自信なし)

2009/02/11 (Wed) 12:35 | EDIT | REPLY |   
Collection Saya  
No title

赤唐辛子様
宮古上布は、上布の中でも特別な存在だと思いますよ~。
あの糸の細かさ、砧打ちの光沢は、ほかの上布や、芋麻素材の布で見たことがありません。
そういえば、以前、韓国の方が「沖縄の宮古島と言うところの芋麻の布を見てみたい」
とおっしゃっていました。やっぱり特別です。

2009/02/11 (Wed) 12:45 | EDIT | REPLY |   
Collection Saya  
No title

ふさこ様
22mもあるのでワクワクしますが、布幅がもうすこしあれば・・・と思うところです。
良い布をたくさん見せていただき、もうため息ばかりでした~。

2009/02/11 (Wed) 12:59 | EDIT | REPLY |   
Collection Saya  
No title

公舟織様
アジアの共通意識のようなものを感じて、ただ喜んでいるだけなんですよ~。

2009/02/11 (Wed) 13:01 | EDIT | REPLY |   
nip*on*m  
No title

ご無沙汰です。 韓国の服は 日本と似てるような 違うような。
色合いも 赤が好きな国だとおもってましたが、意外と落ち着いた
色のもあるんですね~

2009/02/11 (Wed) 21:50 | EDIT | REPLY |   
kimono  
No title

韓流にはまっている時
長編の「チャングム(韓国の時代劇)」を見ましたが
衣装も素敵でした。
芋麻の服もあったかもしれません。
この布はどんな布に変身するのかしら。
楽しみです。

2009/02/12 (Thu) 07:37 | EDIT | REPLY |   
がらくた・おやじ  
No title

しゃっきり感・・・・・シャリ感がたまりません。

夏に透き通るような布・・・・・・蜻蛉羽根のような布のシャツを着て、フラフラを彷徨する小生の姿を想像します。

他人は小生に向かって、「極楽トンボ」と言う。(笑い)

2009/02/13 (Fri) 22:56 | EDIT | REPLY |   
Collection Saya  
No title

nippojm様
お久しぶりでございます。お元気でしたか?
韓国は、草木染めも盛んで、淡い色(パステルカラー)も豊富なようです。

2009/02/14 (Sat) 18:21 | EDIT | REPLY |   
Collection Saya  
No title

kimono様
チャングム、私も観ていました。
料理の作り方、背景など、すっかり釘付けになりました。
衣装もきれいでしたね~。

2009/02/14 (Sat) 18:23 | EDIT | REPLY |   
Collection Saya  
No title

リーマンパッカー様
シャツを作ってもステキでしょうね。
極楽トンボですか・・・Sympathyを感じます。

2009/02/14 (Sat) 18:25 | EDIT | REPLY |   
Collection Saya  
No title

↑この芋麻は、幅が30cmしかないので、難しいのではないかと思います。
あと、古きよき上布との質感が、大きく異なるように思います。
詳しくは、そちらにご連絡させていただきま~~~す。

2009/02/21 (Sat) 14:48 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply