FC2ブログ

更紗とアジアの良布

ARTICLE PAGE

春の草花色のポジャギ

暮布図(craft)展
  • comment6
  • trackback0
韓国からポジャギが送られてきました。
ひとつひとつ丁寧に、韓紙にくるまれていました。

それぞれに個性が豊かな表情をしていて、どれをを撮ろうか迷っているときに、
ふさこさんのブログで「ショウジョウバカマ 」の花を見て、
そのお花に近い色の、このポジャギを撮ることに決めました!!





はじめて見た「ショウジョウバカマ 」の花は、可憐で愛らしく、やわらかで上品な紫色が印象的です。
その日以来、このポジャギには、「ショウジョウバカマ(色)」と呼んでいます。
このポジャギの、絹の光沢と、そのやわらかな色を、上手く撮るのは難しいです。


韓国のポジャギは、日本の袱紗と違って、紐が付いているものがあります。
このデザインのものは、紐でくるっと巻いて、
布端の四角の部分に、紐の先が収まるようになっています。





ポジャギを見ていると、色の組み合わせや、形も違うので、とても楽しいです。
刺繍の入ったもの、地模様の入った絹を使ったものなどいろいろ。

金券などをくるむ袱紗としてはもちろんですが、
袱紗として袋の形が作られていないので、布としても様々な用途で楽しめそうです。

いつもなら、管理のために番号をつけるところを、
このポジャギは、春から初夏の草花の名前にしてみようかな・・・と思ってみたりしています。
(そんなに花の名前知っているわけではありませんが・・)


これらのポジャギは、2月の韓国文化院でのイベントで知り合った、ビョン・ジヨンさん、モク・ジンエさんに、
快く製作にご協力いただきました。ありがとうございました。

そして、ソウル在住の友人キム・ヘミさんには、多忙の中、通訳の協力していただきました。
表参道ヒルズでの展示会に向けて、内容をよく理解していただき、それを正確に伝えていただいたことに、
頭の下がる思いです。


『縁を紡ぐ』という言葉を、よく耳にします。
綿や絹など、糸の素材となるものを、撚って紡いでいくと糸となり、
それを織っていくと、布として形作られます。
人と人とのご縁も、大事な素材のようなものなのでしょうか。
ご縁も紡がれていくものだと、つくづく感じています。皆に感謝。



Comments 6

funfunsorakun  
No title

お花の名前つけるの素敵ですね。
色の呼び名も日本特有で風情ですね。
御準備、大変でしょうが、その分充実な展になりますね。

2009/04/17 (Fri) 14:25 | EDIT | REPLY |   
しおん  
No title

仕事の丁寧さと華やかさが伝わってきますね♪
草花の名前がつくのもステキですね!

2009/04/17 (Fri) 20:25 | EDIT | REPLY |   
ふさこ  
No title

ショウジヨウバカマのポシャギとてもすてきですね。
いい色で、一度見たら、心に残ります。花言葉は希望だそうです、ピッタリですね。お役にたって嬉しいです。

2009/04/17 (Fri) 20:26 | EDIT | REPLY |   
Collection Saya  
No title

funfinsora様
そうですね。日本の色の呼び名は美しいですね。
いつもありがとうございます。

2009/04/18 (Sat) 20:27 | EDIT | REPLY |   
Collection Saya  
No title

しおん様
やわらかな色が多く素敵です。
草花の名前、あまり知らなくて・・・言ってはみたもののどうしよう。(笑)

2009/04/18 (Sat) 20:29 | EDIT | REPLY |   
Collection Saya  
No title

ふさこ様
ショウジョウバカマの花言葉は「希望」ですか・・・素敵。
もう、この花の名前は一生忘れないと思います。
いつか、現物を見てみたい・・・と夢見ています。

2009/04/18 (Sat) 20:31 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply