FC2ブログ

更紗とアジアの良布

ARTICLE PAGE

海の道 No1

海の道
  • comment12
  • trackback0
これまでアジアを旅してきた、写真の整理することになりました。
あったはずの写真が探せなかったり、フィルムで撮ったものの、ネガが見当たらなかったり・・・
早くもくじけてしまいそうです。

引き寄せらるままに、アジアを旅していましたが、行き来するうち、
かつて交易時代に、盛んに船の行き交う「海の道」があったんだと、
人、暮らし、言葉、音楽、もの、形を通して実感することができました。





中央アジアと西安(中国)を結ぶ「絹の道」のシルクロードに対して、
「海の道」は、絣ロードともいわれています。

交易で栄えたスンダクラパ(インドネシア・ジャカルタ)の港は、
現在、スラウェシ島(国内)から運ばれる木材専用の港のようです。

私は、なぜか、このスンダクラパの港の光景が好き。
港の近くのジャカルタ北は、オランダ入植の面影が残るコロニアルな街。




タイ北部の山奥に暮らす、リス族の集落で、三線を奏でながら口ずさむおじさんと出会い、
三線をずっと見ていると、「もって行け!」のようなしぐさ。
すこしばかりの謝礼を置いて、弾いていた三線を譲っていただきました。

蛇皮でできた三線で「スン・リス」という楽器です。
邦楽や、琉球音楽と同音階の、ド・ミ・ファ・ソ・シでした。

このおじさんが弾きながら歌っている写真が見つからなくて・・・(涙)






中国系インドネシア人の亀甲墓。
屋根に十字架があるものや、ジャワ様式を取り入れたものなどもありました。

写真を撮ったのは、4月頃の清明(節気のひとつ)のあとのようでした。
中国語で「ツェンミン」、沖縄の言葉で「シーミー」に同じ。

中国系インドネシア人にとっての清明は、一番大切な年中行事なのだそうです。
そのほかに、七月半(チーィエパン=旧盆)があるのだとか。

ジョグジャカルタを、北海岸線方面に北上しているときだったと思います。
この墓の集落を見つけ、運転手に、近くまで行ってもらいました。

墓の前に立ち、あれこれ考える私に、運転手、同行していた友人(インドネシア人)の
るみこ!どうしたの?という表情が忘れられません。
古墳、亀甲墓の形に興味があること、うまく伝えられず・・・。





↑インドの東南部地域の経緯絣のドウッパタ(ショール)。
私たちにも馴染みのある、絣模様ですね。




アジアに通う理由も欲しくて、何年か前までは、いろんな雑用を引き受けていました。
親戚に頼まれ、木材にエコ塗料を塗布する試験を手伝ったり、
知り合いの建築家に頼まれて、石材のサンプルの買い付けなど・・・(笑)

渡航費が出るからと引き受けてしまい、大変な思いをしたこともあります。
きちんとした正方形の石材タイルを選ぼうと、山積みの中から、暑い中、何時間も掛けて
サンプルとして持ち帰るものを選んだこともあります。汗だく・・は言うまでもありませんね。
(現地の方に頼むと、角が欠けていたりするものも混ざるので)


---今回は、以前、撮りためていたものを、スキャンした順番で紹介しました。
テーマごとに分けると良いのでしょうけれど、すべてスキャンし終えると、
ブログにアップする気が起こらないような予感がします。(笑)
絞り込んでこそいませんが、海の道を感じていただけたら幸いです。

これから、すこしづつ、
染織展でテーマにしてきた「海の道」と「生命樹」に関連する記事をアップして
いきたいと考えています。考えているだけで終わってしまうかもしれませんが(笑)

Comments 12

daria  
No title

一枚目の写真に、やられましたよ。感じました、海の道!
なんだか、sayaさんの、布を愛する道も見せていただいたようです。
交渉して楽器を譲っていただいたり、重いだろうに石材タイルを運ぶたくましいsayaさんが、なかなか想像つきませんが^^;全てが布に通じるのですね。

2009/09/09 (Wed) 17:41 | EDIT | REPLY |   
スタジオビセリ  
No title

絣の道、いろんな絣を見ると感じることがあります。そういう本を昔読んだことがあるからなか。
いつも素敵なものを見せてくださってありがとうございます。

2009/09/10 (Thu) 03:58 | EDIT | REPLY |   
cre*mwa*e1*79  
No title

素敵な写真ばかりですね。何か訴え掛けるようなものを感じます。
こういうのを見るとインドネシアやタイなど行ってみたくなります。
お仕事とはいえsayaさんがうらやましいです^^

2009/09/10 (Thu) 06:26 | EDIT | REPLY |   
赤唐辛子  
No title

全面的に沖縄っぽい写真ですね。世界はつながっていますね。

2009/09/10 (Thu) 16:50 | EDIT | REPLY |   
nip*on*m  
No title

写真の整理は 大変ですね~ 見行ってしまって、なかなかはかどらないことも。 御苦労さまです。

2009/09/14 (Mon) 19:30 | EDIT | REPLY |   
ぷららん♪  
No title

はじめまして!こんにちは。ランダムから来ました。
「海の道」素的な言葉ですね・・・。染織に興味がありますので、またお邪魔させてくださいね。よろしくお願いします。

2009/09/16 (Wed) 10:36 | EDIT | REPLY |   
Collection Saya  
No title

daria様 海の道を感じていただけましたでしょうか。
・・・柳田邦男氏の「海上の道」が頭にあって思い浮かんだ言葉ですが、まだまだ旅は続きそうです。
いつも温かなコメントありがとうございます。

2009/10/01 (Thu) 05:47 | EDIT | REPLY |   
Collection Saya  
No title

スタジオビセリ様
すっかり日本に馴染んでいる絣も、アジアの国でおなじようなものを見かけると、絣の道(海の道)を感じます。楽しいですね。

2009/10/01 (Thu) 05:50 | EDIT | REPLY |   
Collection Saya  
No title

cre*mwa*e1*79様
k子ちゃんがアジアの国に行くとはまるかもしれませんね。
いつでもお連れしますよ~♪

2009/10/01 (Thu) 05:52 | EDIT | REPLY |   
Collection Saya  
No title

赤唐辛子様
そうですね。沖縄っぽいですね。繋がっていますよ~~~♪

2009/10/01 (Thu) 05:54 | EDIT | REPLY |   
Collection Saya  
No title

nipponjm様
写真の整理は大変です~。現在、必要なものだけは整理したところです。
写真整理の再開の目処はたっていません(笑)

2009/10/01 (Thu) 05:56 | EDIT | REPLY |   
Collection Saya  
No title

ぷらぷら様
はじめまして。こんな気ままなブログですが、また遊びにお越しくださいませ。

2009/10/01 (Thu) 05:58 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply