FC2ブログ

更紗とアジアの良布

ARTICLE PAGE

イワンティルタ 来日記念講演 <参加・協力>

ほか関連イベント
  • comment0
  • trackback0


 インドネシアで、バティックの父とも言われるイワン ティルタ氏の来日記念講演が、

2005年6月10日(金)、日本記者クラブ プレスセンター(東京・内幸町)で開かれました。

ユドヨノ大統領の初来日にあわせて、経済視察団の一員として来日でした。


 イワンティルタ氏は、インドネシア大学法学部助教授当時、美術にも興味を持ち、

1960年後半から、中部ジャワの王宮舞踊の研究をするうちに、衰退するバティックの現状を憂い、

残されているバティックのバターンの収集や、バティックをめぐる執筆をしています。

さらに、それまでの職をすて、バティックデザイナーへと転身を遂げたのです。


 彼のデザインになる華麗で優美なバティックは、世界的に知られ、各国からの招待を受けて

展示会やショーを開催しています。これまでに、日本で2回のショーを行っており、NHKの企画番組

でも取り上げられています。イワンティルタ氏の経歴と、展示会履歴等は、とても長くなるので、

こちらでは省かせていただきます。


 わたしは、来日記念講演にあわせて、日本でのバティックの現状を文書にまとめるよう関係者から

依頼があり、イワンティルタ氏に送付していました。来日の打ち合わせで、初めて同氏にお会いする

ことになりました。風格と風貌に圧倒されましたが、とても気さくな方で、わたしの緊張をほぐそうと、

冗談を言っては場を和ませてくださいました。


 講演では、イワンティルタ氏、通訳に加え、わたしが日本語でのサポート役として、前方に座る

ことになりました。講演と質疑応答に2時間。バティック工芸の定義、文化的位置付け、ジャワ更紗の

特徴をエピソードを交えながら話し、バティックの確かな技術、基準や規則があり、ジャワ文化との

結びつきが強い一方、宗教による規制や制限はない--などと説明。布のモチーフについて話には、

会場の皆さんもメモをとりながら聞いているなど、関心を示している様子でした。


 近年、インドネシア商工会議所は、インドネシアの3つの工芸分野「バティック」「木彫芸術」

「ジャムウ(ハーブを調合したインドネシア版漢方薬のようなもの)」を、『国家の文化的象徴』に

提唱しています。そういった、産業としてのバティックに話にも触れていました。



 イワンティルタ氏は、75歳には見えない若々しさです。

「また、日本で、このような機会を持ちたい」と話していました。

次の機会には、彼のデザインした優美な作品を見せていただきながら、

デザインやモチーフの由来などを、もう少し聞くことができればと考えています。

Comments 0

Leave a reply