FC2ブログ

更紗とアジアの良布

ARTICLE PAGE

沖縄の染織

日々是
  • comment5
  • trackback0
お久しぶりです。

仕事、家のこと、そのうえ風邪も長引き・・・
げっそりしてもよさそうなのに、なかなか、、、デス。

沖縄本土復帰40周年を記念して、様々なイベントが開催されています。
染織関連の展示会は、見逃さないように駆け巡ってきました。

復帰して40年も経つのに、今日も様々な問題を、押し付けたままですね。



画像は、現在開催中のサントリー美術館の『紅型展』図録。いうまでもなく素晴らしかったです。

あと、図録も画像もありませんが、
『沖縄の布---未来を紡ぐ---』 ~6/17終了、(JAM<女子美術大学美術館>開催)
展示数はすくないものの、充実した内容でした。

女子美の収蔵コレクションのほかに、、、
祝嶺恭子さん(首里織り)平良敏子さん(紅型)、石垣昭子さん(芭蕉交布)、
伊差川洋子さん(紅型)、渡名喜はるみさん(紅型)

上原美智子さんの「あけずば織り」。(あけずば=とんぼの羽の意味)
中でも、蚕の吐く糸を、撚ったりせずにそのまま糸として織っている布は、
今までに見たことのない、透明感のある軽やかな布でした。
羽衣天女の纏う・・イメージそのものでした。

話はそれますが、、
美術館の売店で中国茶用の水筒が販売されていました。
それを買いそびれたことを後悔しています。

中国茶用に限定して使用するのかはさておき、デザインが良いんです。
一緒に行った女子美出身の友人は、買って満足そうでした~~~。





いつだったか、沖縄の野原で撮った植物の写真です。
どれも植物名はわからないままです。

上の写真は、下の写真を真上からみたもの。
これを模様にしてみたいと思っているのですが・・・。



花びらが、ウレタン(!?)のような感触でした。
なんという花でしょうね。



芳香のする白い花好きにはたまらない、ジャスミンのような香りの花でした。
ハイビスカスくらいの大ぶりの花で、月桃の葉とおなじような形、大きさでしたが、
月桃のように葉は広がっておらず、規則正しい扇状だったように記憶しています。
この花の名前を知りたいです。



沖縄の曾祖母の琉球絣のきものです。
10年前、雑誌の取材がうちにいらした際に、壁にかけていたこのキモノが撮られ、
堂々の準主役(!?)で雑誌に載っていました(笑)。きものとして状態もよく残っています。

その曾祖母は、40年前に100歳で亡くなりました。
物静かで、気品のある人でした。
この曾祖母の着物は、どれも素晴らしい染め織りです。

↑上のキモノは、なかなか持ち歩けませんが、
これまで集めた花織り、芭蕉布、上布などなどのハギレは、
蓋つきの籠の中に入れて保管しており、展示会場にも持って行っております。
ゆとりがあればお見せしているので、是非、お声掛けてください。



沖縄の染織に刺激を受けていると、タイミングよく沖縄のやんばる(沖縄県北部地域)の知人から、
鮮やかな黄色の染料となる「福木」の木の皮や、葉が、たくさん送られてきました。
画像はその一部です。我が家で、晴れ間に干しています。

福木は保護樹林なのですが、知人の親戚の家で、ある事情で福木を切り倒すことになったのだそうです。
とても貴重です。

絹糸を福木で染めて、琉球でいう桔梗色の糸と交織りにしてみたいと考えたり、
昔教わった型染めを、思いだして染めてみたくなったり、
染め上がったジャワ更紗にかけてみたくなったり、、、

と考えるものの、あれこれ考えている時が一番シアワセです。
製作工程の途中ころから下山に入り、出来上がりの頃には、わずかに達成感があるだけ。
さっさと次の課題へと進んでしまいます。
そんなことですから、そのうちハギレセットに入っているのかもしれません(笑)

salam♪

Comments 5

しおん  
No title

サントリー美術館の『紅型展』行かれたんですね♪
先日、たまたまサントリー美術館の前を通ったら、[明日から~]
ってお知らせだけ見ました。。。
大阪にも来るようなので、関西に来たら見に行きたいと思います。
あざやかな色合い、楽しみです(^_^)

2012/07/05 (Thu) 10:48 | EDIT | REPLY |   
Shinchandazo  
No title

沖縄芸大で組踊をみせていただきました、音楽も素晴らしいですが紅型の艶やかさは王朝時代を彷彿としました、行って見ます。

2012/07/05 (Thu) 11:13 | EDIT | REPLY |   
nip*on*m  
No title

ビンガタは 二回目(一回目のものから今月入れ替えがある)
をどうしようかと。 中国のものと 違い 色合いが。 ぼかし(グラデーション)を入れたり 手が込んでますね~~ 余白を大切にする和柄とは又違う趣があります。

2012/07/05 (Thu) 17:01 | EDIT | REPLY |   
スタジオビセリ  
No title

ひいお婆さまの着物は沖縄風で対丈なんでしょうか。
来るべき人のところに来て残されたんですね。

2012/07/06 (Fri) 08:17 | EDIT | REPLY |   
Collection Saya  
No title

みなさんコメントをお寄せいただき有難うございます。温かく励みにしておりますが、なかなかひとりひとりにお返事できず申し訳ないばかりです。

2012/09/11 (Tue) 19:47 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply