FC2ブログ

更紗とアジアの良布

ARTICLE PAGE

金更紗

オリジナル
  • comment0
  • trackback0



 ペルシャ、インドに由来する生命樹の模様です。

 中央に描かれている樹木は、ペーズリーの原型とも言われる糸杉。

 糸杉の中の模様は、宇宙観が描かれていると言われています。


 落葉せず、不死のイメージがあることから、西アジア地域では

 神木として崇められてきたようです。


 一家の健康や繁栄を祈り、壁に掛けたり、間仕切りのための

 暖簾などに使われてきた大判の布です。


 色づけの型押し後、さらに金粉の型押しが全体に施されています。

 おそらく純金ではないかと思います。


 近年の金更紗といわれるものは、鮮やかな金ラメの接着剤のようなものを、

 あとで模様に沿ってのせているものがほとんどです。せっかくの更紗を台無しにして

しまうのではないかと思うものもあります。


 以前から、インドやインドネシアで、金更紗つくりに挑戦してみたいと思っていました。

 そんなとき、アラブの富豪(!?)が贈答用に、インドにオーダーしたもののうちの1枚を譲り

 受けました。写真の布です。


 そういう特別なオーダーがなければ、いまでは作られることはないでしょう。


 全体像の写真は、夕暮れ時に、外の光だけで撮りました。

 模様が鈍く光り、浮かび上がるように見えます。

 写真でうまくお見せすることができないのが、残念です。



 インド更紗 型押し、カラムカリ(筒描き) 近年のもの


 
 

Comments 0

Leave a reply