FC2ブログ

更紗とアジアの良布

ARTICLE PAGE

山田實 展 人と時の往来<情報>

情報いろいろ
  • comment0
  • trackback0
秋ですね。

行楽や、スポーツ、読書、食欲の秋の到来です。
涼しくなったので、朝夕のどちらかに、目黒川沿いを走っています。
毎日、目黒川沿いを闊歩しているらしい、若返りで話題の南雲さんにはなかなか会えませ~ん(笑)

せっかく走ってカロリー消費をするのですから、食欲が出ては困りますし、
読みたい本は季節に限らず年中無休で~す。


---写真の記憶というと、、、
昔々、カメラ好きな父は、たくさんの写真を残してくれています。
姉妹でおそろいの服を着せられて、撮られたときに照れくさかったことを、
今でも鮮明に覚えています。

父は昆虫好きでしたから、蝶や虫ばかりを追っていました。
それが不得手な母は、焼いてくる写真が、虫ばかりと嘆いていました。
そんな中に、わたしたち子供の写真があったように思います。
写真の思い出は、皆さん、いろいろあるのでしょうね。

・・・撮られた方の当時の声の聞こえそう。そんな写真を撮り続けた山田實さんの写真展が
沖縄県立博物館・美術館の企画で開催されています。






中でも、モノクロで撮られた子どもたちの日常を撮った写真が好きです。
撮られた場所の空気さえも感じられる・・・一遍だというところでしょうか。

子どもの写真だけではなく、著名な方々のワンショットもあったりしますが、
どれにも、山田さんのファインダーを覗く優しい眼差しを感じられます。

今ほどカメラも普及していない1950年~70年頃、まだまだ記録としての写真や、記念写真が多く撮られる中、
山田さんの視点で撮り続けていたことが、のちに多くの人の心を捉えることになった写真家だと思います。

カメラを手にする機会も多くなりました。
撮るぞ~!ではなく、温かな眼差しを向けたいですね。

沖縄での開催ではありますが、是非、お出かけください。

沖縄県立博物館・美術館
[会期] 2012年9月11日(火)~11月4日(日)
[開館時間] 9:00~18:00(金曜・土曜は20:00まで)、入場は閉館30分前まで
[休館日] 月曜日(ただし9月17日、10月8日は開館、翌火曜日休館)
[観覧料] 一般800(前売640)円、高大生500(前売400)円、小中生300(前売240)円

Comments 0

Leave a reply