FC2ブログ

更紗とアジアの良布

ARTICLE PAGE

Crown Shyness

日々是
  • comment0
  • trackback-
“Crown Shyness”

A Phenomenon Where Trees Avoid Touching.

クラウン シャイネス (恥ずかしがり屋の樹冠)

といわれる自然現象です。


フタバガキ科の巨木は、

枝先の葉が互に譲りあっているかのように、

ぶつかることのない隙間が

できることをいうようです。

木々も思考しているかのようです。


3月に福岡の能古島に行った際、

クラウンシャイネスらしきものをみつけ、

近くにいた作業員の方に

「あの木の隙間は自然にできたのでしょうか?」

と聞いてみました。


「伸びた枝は剪定するが、あの隙間は自然にできたものだ」

と答えてくれました。


能古島へは、大勢で行ったため、

自身の関心だけで動くことができずにおりました。

次に行く機会には、ゆっくり観察し、

真下から見てみたいと思っています。 


↓つづく


IMG_2868.jpg

・・・クラウンシャイネスを知ったのは、

数年前にテレビ番組で、

マレーシアのフタバガキの巨木の

美しい現象を知ったのが最初です。


調べてみると、インドネシアでも

各地で見られると知りました。

是非、フタバガキの巨木がみせてくれる、

クラウンシャイネスを探してみたいと思っています。


能古島で見たものが、何という木かわかりませんが、

福岡にはフタバガキ科の木が現存するようです。

もしかすると巨木になっていない低木なのかもしれません。


もしくは、フタバガキ科の木ではなくても、

このような現象が起きるのかもしれません。

・・・こんなことを調べ考えている時はしあわせです。





Comments 0

Leave a reply