FC2ブログ

更紗とアジアの良布

ARTICLE PAGE

生命樹をひろげて

コレクション
  • comment2
  • trackback0
群馬で「充電中」です。

小鳥の鳴き声が聞こえるので、外に目を向けると、一瞬、バルコニーの手すりにとまってくれました。

それが嬉しくて、鳥の名をインターネットで調べると、たぶんセキレイ(鶺鴒)だろうという答えにたどりつきました。

検索中に、鶺鴒鳴(せきれいなく)というキーワードも目にとまりました。二十四節気七十二候のひとつに『鶺鴒鳴』があり、タイミングよく、今日(16日)までの候なのでした。この頃から鶺鴒が鳴き始めるそうです。

この偶然の一致に、夏の疲れが飛んでいったどころか、すっかり元気回復となっりました。

東京で作業のために、大量の布がやってきます。布であふれ返る混乱を避けるために、保管している布の一部を、群馬宅に移動しました。


移動した荷物の中から、昨夜なぜだか無性に広げたくなったのは生命樹(Tree of Life)のコレクションです。まずは1枚を取り出してみました。





画像はインドのカラムカーリーのサリー。インド更紗のほとんどはブロックプリントなのですが、「筒描き」で描かれたものです。16年くらい(だったかな?)前に製作されました。

長年、魅せられてきた生命樹とのネーミングされる構図の布は、簡単に説明すると、大きな樹木に、生き物が集い、たくさんの花や実をつけるシンプルなもの。

2003年に国際フォーラム(有楽町)で、自分の生命樹コレクションを公開して、反響の大きさに、うれしいやら戸惑うやら、という時がありました。そろそろ再公開を考ようかと思っております。

「白露 鶺鴒鳴」の日に、セキレイらしき鳥の鳴き声も聞けたことですし、良い予感がしています。

生命樹 過去の記事
http://blogs.yahoo.co.jp/rmkn980302/47675402.html

Comments 2

nip*on*m  
No title

お~~ 生命樹 久しぶりです。 お元気そうで 何よりです。

2016/09/18 (Sun) 18:49 | EDIT | REPLY |   
Collection Saya  
No title

> nip*on*mさん
ご無沙汰しております。生命儒そろそろ公開しようかと思っています~♫

2016/10/03 (Mon) 18:45 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply