FC2ブログ

更紗とアジアの良布

ARTICLE PAGE

LOEWE foundation craft prize 2019 

情報いろいろ
  • comment0
  • trackback-

草月会館でロエベファンデーションの
2019年受賞作品の展示が始まった。
中にはアジア、アフリカの素材や技法が
生かされてあらたなカタチとなり、 
光が当てられていた。
 



懐かしさと、新しさを同時に感じる

  

今年の大賞は、日本人が受賞。

 石原源太氏の漆芸作品であった。

カンブリア紀のいきものかな...

   

なんども引き返し、見とれた作品。 

サンザシの小枝、ろうを施したリネンの拠り糸。

イギリス在住という高橋一人 作

 

花崗岩、ラタン、すす竹、顔料 

幼少期にアフリカ、スペイン、アメリカで

過ごしたと知り、なるほどと思った。


デロス・ウェーパー(アメリカ)作 


  


ハーリーモーガン (イギリス)
ガラス、コンクリート




ロエベ
インターナショナル
クラフト プライズ 2019


 草月会館
港区赤坂7-2-21

最寄り駅 銀座線「青山一丁目」駅

2019年6月26日(水)~7月22日(月) 

10:00~19:00(金曜日のみ20:00) 

入場無料

Comments 0

Leave a reply