FC2ブログ

更紗とアジアの良布

ARTICLE PAGE

生命樹-スペインのお皿

未分類
  • comment-
  • trackback-
先日の夜に書いた記事を、翌朝になって読んでみると、

変換ミスはあるし、文章がめちゃくちゃでした。



一度アップした記事ですが、修正箇所が多いため、

いったん削除し、書き直して再投稿いたします。



・・・実家にあったスペインの土産のお皿には、

生命樹が描かれていました。



木、そして森への畏敬の念は、

宗教や民族に関係なく、

人々の共通するもののようです。 

木には、実や花をつけ、木陰には獣が集っている…。

いろいろ考えると、想像の膨らみます。







・・・気がつけば、その構図の布を集めていました。

 このお皿の樹木模様の下に、ジグザグが描かれています。

一説には、木のから落ちる腐葉土、

獣の屍…「再生」と考えられとおり、 



ほかには、鋸歯文ともいわれる、食べるための歯や、

重厚なもを切る鋸を図案化したとも。

いずれも、アジア由来の構図のようです。 



長年、考え、温めてきた「生命樹」。

はて、さて、どうするのかな…