FC2ブログ

更紗とアジアの良布

ARTICLE PAGE

グリンシン

コレクション
  • comment10
  • trackback0


最近、広く知られるようになったグリンシンです。

バリ島東部のテガナン(トゥガナン)村に、バリ・アガ族が暮らしています。

バリ島の多くの人が信仰するヒンドゥー教を受け入れず、

独自の精霊信仰を守り抜いている人たちです。

 
生活スタイルはユニークで、集落は垣根で囲われ、

外部とを隔てる入り口の門をくぐらなければ入ることができません。

垣根の内側には、規則正しく昔ながらのバリ様式の家が並んでいます。


昨今のアジアブームの中、アジアの民の暮らしがテレビや雑誌でもよく取り上げられます。

バリ・アガの村とグリンシンの織り布、アタの籠の話題もよく目にします。


グリンシンは、バリ・アガにとって神聖な布で、祭礼行事の正装の際に、

胸に巻きつけたり、肩掛けとしてまとったりします。

経緯絣で、以前にご紹介したインドのパトラと同じ技法です。

織り上げた完成品を想定して、あらかじめ模様に合わせて染めた糸を、機織に掛けます。

それを、同じようにあらかじめ染めた緯糸で、模様をパズルのように合わせながら織り上げます。


現在も、指定の植物由来の染料しか使用せず、ダラメラ(血の色のような赤)に

なるまで、何度も何度も繰り返し、何年もかけて糸を染めています。

染めた糸を機に掛け、織り上がるまでに、7~9年かかると言われています。


アタの籠の丁寧なつくりは、コイリングという技法で編まれる籠で、100年以上使える丈夫だと

評価されれています。今ではバリ島、インドネシアだけではなく、中国製まで出回っています。


そうして作られたグリンシンや、アタの籠は、自宅の前をちょっとした店にして、

販売されています。グリンシンには1,000~5,000ドル(米ドル)の値がつけられていました。


そういう、プリミティヴな生活と、丁寧な仕事をする織り布や籠が日本でも話題になりました。

一時は、アジアの布と言うだけで、「グリンシン」の名前が出たほどでした。

それに付随して、病気で苦しい時に、大事にしてきたグリンシンを1cm角ほどに切って、

煮出して飲む...とか、血で染めた布だ...と、多くの人たちから聞かされました。


血で染めたというのは、ダラメラ(ダラ=血、メラ=赤)という言葉を誤った解釈を

しているのだろうと想像がつきます。グリンシン(布)を1cm角に切って飲むというのは、

正直のところどう考えても理解が出来ませんでした。


当時、バリ島を訪れた時に、同行した友人が行ってみたいということもあって、

バリ・アガの村を訪れました。

さっそく、「グリンシンを切って煮出して飲むことはあるのか、あったのか?」

と何人かに聞いてみました。


「中には、そういうことした人もいるのかもね...」と戸惑うのは織りの上手い中年女性。


「そんな話、聞いたことがない。何年もかけて織るものなんだよ!少なくても、

自分の家族や知っている人には、そういう人はいないよ」とその亭主。


「そんな話が出ているんだ。ちょっと考えにくいな。でも、日本人や欧米人が好きそうな話だね。

そういう話にすると売れるかな?」笑みを浮かべた、おじさんが印象的でした。


・・・誰かが突飛なストーリーで、話題を呼ぼうとしたのだろうかと、考えてしまいました。




写真  近年のグリンシン。以前に比べ価格もだいぶ安くなりました。

象徴とされる5つのデザインを一枚に織り込んでいます。以前のものと比べようと、買った一枚です。

観光地化されたバリ・アガには、現在は村の入り口前に大型観光バスが止まるまでになっています。



■パトラ http://blogs.yahoo.co.jp/rmkn980302/357585.html?p=1&pm=l

Comments 10

nip*on*m  
No title

いつも何か懐かしい柄だと思ってみてますが、少し色合いは違いますが 大島紬の雰囲気があるような気がしてます。

2006/06/13 (Tue) 13:31 | EDIT | REPLY |   
ena*teh*e*ati  
No title

布を煎じて飲むとか、血で染めたとかエキセントリックな話には驚かされますね。そういう話が日本人には好まれるのでしょうか?不思議ですね。mama

2006/06/13 (Tue) 20:39 | EDIT | REPLY |   
chocoholic  
No title

はぁ~・・・綺麗・・(^-^*なんとなく暖かそうな生地に見えるのは、模様のせいかな。肩掛けとしてまとったり、してみたい・・・♪

2006/06/13 (Tue) 23:10 | EDIT | REPLY |   
Collection Saya  
No title

nipponjm 様、さすがですね。インドのパトラの影響を受けた花菱模様は、遠くは奄美大島の大島紬にも影響しているのでは...と言われています。どこかにている感じがしますよね。

2006/06/14 (Wed) 00:40 | EDIT | REPLY |   
Collection Saya  
No title

mama様、母娘でコメントいただけて大変有り難く思います。たしかにエキセントリックな逸話がよく出回りましたね。よい勉強になりました。

2006/06/14 (Wed) 00:43 | EDIT | REPLY |   
Collection Saya  
No title

choco様、肩掛けも渋くて素敵ですが、壁掛けにすると模様が浮き出る感じが良いですよ。いろいろ楽しめる一枚です。

2006/06/14 (Wed) 00:45 | EDIT | REPLY |   
針刺し家  
No title

染め上げた糸を パズルのように織り上げて行くのは ぞくぞくして楽しそうですね その工程の前の 作業が 大変でしょうね

2006/06/14 (Wed) 08:35 | EDIT | REPLY |   
nip*on*m  
No title

地道な生活、浮ついたことのない規則正しい生活。物を大切にする文化。この辺から生まれるデザインかと。 現代生活で忘れている大切なものが あるような気がします。

2006/06/14 (Wed) 12:15 | EDIT | REPLY |   
Collection Saya  
No title

はり様、そうですね。模様あわせはゾクゾク楽しいかもしれません。私も織りの真似事をしていますが、考えただけで気が遠くなります。

2006/06/15 (Thu) 07:01 | EDIT | REPLY |   
Collection Saya  
No title

nipponjm様、バリ・アガの人たちの信仰やそれに基づいた生活を忠実に守ろうとする姿勢が、モノ作りにも大きく反映していると思います。時間のかけかた流れ方が違いますね。

2006/06/15 (Thu) 07:15 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply