FC2ブログ

更紗とアジアの良布

ARTICLE PAGE

vol.4/暮布図 craft 展

暮布図(craft)展
  • comment4
  • trackback0



花樹ぶらんど (Natural & Comfortable・鎌倉)のご紹介です。

鎌倉でカジュアートスペースを運営する、染織家のたなか牧子さんは、

鎌倉市二階堂の古民家で、織り教室を運営しています。

その傍ら、地域の活性化を図ろうと、様々なイベントを開催し、活動していらっしゃいます。


5年ほど前、アジアの染織展を開催させていただいたご縁で、カジュアートスペースを

主体とする活動の内容について、メーリングリストが来るようになりました。

目を通すたびに思うのは、企画の面白さ、活動の幅の広さで、ただ驚くばかりです。

なかなか伺えずにおりますが、いつも、エネルギーを感じ、楽しませていただいています。


「花樹ぶらんど」を立ち上げたとのこと。

手織り布のはぎれ、廃棄処分される工業製布などを活かして、ブックカバーや、

バッグに作り変えていることを知りました。


さっそく、私の手元にある、日の目を見ない布の話をしてみました。

棄てるにはもったいない、でも、展示会に出せるものではない...。そんな布が山ほどあるという話をすると、

「どんな布でも良いので、送ってみてください。活かしてみましょう」と言ってくださいました。


以前にも、どこかで触れましたが、ジャワ更紗(バティック)やインド更紗(カラムカーリ)を

現地にオーダーし、出来上がって、手元に届くまでにはいろいろなことが起きます。

指定した色を無断で変更されたり、イメージしていた出来上がりと、異なるものを差し出されたり……。


このほか、工業製バティックで作った服の山を差し出され

「親戚が作っているから、少しだけでも買ってくれ」と頼まれたり、

「手描きのバティックを、シャツに仕立ててみたから買ってくれ」

「あなたの資料になりそうだから買ってくれ」などと様々なことがありました。


そんな布も、プロのセンスと手を加えることで生まれ変わることができました。

---鎌倉、湘南のさわやかな薫りのする、大人のカジュアル。

お買い物やお出かけによさそうなバッグや、生活が楽しくなる布小物類など、

元気で爽やかな、鎌倉の風を運んでくれそうです。


プリントした写真を撮っているため、画像が悪くなってしまいました。

写真の作品は「つるの織り部屋」(ブログ)で、キレイな画像でご覧いただけます。

■カジュ アートスペース
http://khaju.com

■つるの織り部屋
http://blogs.yahoo.co.jp/khaju_art




■暮布図 くらふと 展の詳細はコチラから■

http://blogs.yahoo.co.jp/rmkn980302/6579137.html

今年の展示会は、さらに更紗とアジアの布の可能性を求め、

手芸家、工芸家の方々のお力をお貸りして、暮布(くらふと)展を開催します。

Comments 4

nip*on*m  
No title

物を大切にする心は命を大切にすることに通じるでしょう。 これも心に余裕のある人たちのなせる業(わざ)です。 すばらしいですネ~

2006/06/26 (Mon) 21:42 | EDIT | REPLY |   
Collection Saya  
No title

nipponjm様、棄てるにはもったいない布も、プロの手にかかり素敵に活かされました。物を大切に思う...忘れたくないですね。

2006/06/27 (Tue) 08:34 | EDIT | REPLY |   
りんりんの妹  
No title

姉の都合がつかず、展示会にいけませんでした(T_T)。是非次回帰国(多分冬)には素敵なアジア更紗の作品を見せていただける機会があるといいのですが。

2006/07/11 (Tue) 04:24 | EDIT | REPLY |   
Collection Saya  
No title

りんりんの妹様、冬場はオープンセサミでお見せしております。機会がありましたら、是非お立ちより下さいませ。気に入っていただきました日傘は好評につき完売しました。来季にむけて、これから製作を依頼するところです。ありがとうございました。

2006/07/13 (Thu) 17:32 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply