FC2ブログ

更紗とアジアの良布

ARTICLE PAGE

カンボジア絹絣/花器・備前焼【黒野丈治】

布の話
  • comment16
  • trackback0


ここ数ヶ月、プライベート、仕事と忙しくしておりました。

不器用な私は、用事がいくつも重なると、上手くこなせずに慌てるばかりです。

ようやく落ち着き、先週、友人が遊びに来ることになりました。


「何か活けよう」と備前の花器を出しました。

備前焼の黒野丈治さんの焼物です。

佐用の神楽窯工房を訪ねて求めた、とっておきの花器です。


土が錆びたような風合いと、このカタチに強く惹かれています。

生花のお稽古の経験のない私ですが、ある程度の形になっている?ように思います。

草木を活けてから4日目に撮りました。少し元気がありませんね。


花器の下の布は、カンボジアの絹絣。

黄金の繭ともいわれるカンボーシュという種類の繭から、絹糸にして織り上げる最高級の絹織り物です。

素晴らしい光沢をもち、コシとハリのある絹絣に仕上がります。


この素晴らしいカンボジア絹絣も、ポルポト政権の頃、

技術者も資料もすべて失われてしまいました。

数年前に、養蚕から始まり、最近ようやく織り上げるまでの、

一連のことができるまでになったといわれています。

そのうちの一枚です。


秋の夜長を楽しもうと、望遠鏡を購入しました。

焦点を合わせたり、倍率を変えたりという作業が、思っていたより難しく、

現在は、ただ月を眺めているばかりです。

月面を見ていると、黒野さんの焼物を思い出します。


【追記】

今さらながら打ち明けますが、、、

写真の草木は、活けたというより、ただ差し込んだだけでございます。

黒野さんの花器の魅力のひとつでもありますが、草花を差し込むだけで、

ある程度の表情を作ってくれるように感じております。

今度は、かわいらしく洋花を活けて撮りたいと思います。


■黒野丈治さんご自身でヤフーブログをやっておられます。是非ご覧下さい。■

「零度の焼締陶」http://blogs.yahoo.co.jp/chronosjapan

Comments 16

ozawami  
No title

いろいろお忙しかったようで・・・お疲れさまでした。花を活ける心の余裕・・忘れてはいけませんね♪

2006/10/31 (Tue) 12:26 | EDIT | REPLY |   
chocoholic  
No title

凛としたイメージかな~。素敵ですよね、いつも。そっか、sayaさん忙しかったんですね~。私も1度に2つのこと、出来ないタイプですw。望遠鏡、素敵!私も、だたずっと星空を眺めていたいです。

2006/10/31 (Tue) 22:08 | EDIT | REPLY |   
こうへい  
No title

おはようございます。 私は岡山市内で備前焼をしています。 是非観に来て下さい。 楽しみに待ってます。

2006/11/01 (Wed) 06:03 | EDIT | REPLY |   
天珠  
No title

素晴しい花器ですね。さや様のセンスの良さが伺えます。ポルポト政権下の出来事はおぞましい限りでしたね。日本人体験者の本を読んだ事があります。カンボジア製のジュエリーを持っていますが、素晴しい技術を持っていると思いました。それは布にもいえることなのでしょうね。

2006/11/01 (Wed) 18:58 | EDIT | REPLY |   
Collection Saya  
No title

ozawami様、おっしゃられますように、花を活けるゆとりは忘れては活けないですね。。。

2006/11/01 (Wed) 21:10 | EDIT | REPLY |   
Collection Saya  
No title

choco様、いつも素敵な言葉をのこしていただきありがとうございます!望遠鏡はまだ使いこなせず...早く月以外の星も見たいものです。

2006/11/01 (Wed) 21:12 | EDIT | REPLY |   
Collection Saya  
No title

kouhei1960様、さっそくそちらのブログとHPを拝見させていただきました。素晴らしい作品を作られておられますね。これからのますますのご活躍を祈念しております。今後ともよろしくお願い申し上げます。

2006/11/01 (Wed) 21:16 | EDIT | REPLY |   
Collection Saya  
No title

kobao様、この花器は素晴らしくできています。草花を差し込むだけでカタチになってくれます。...カンボジアのジュエリー。きっと素敵でしょうね。よい技術は残していきたいですね。

2006/11/01 (Wed) 21:20 | EDIT | REPLY |   
零度の焼締陶  
No title

《活けたというより、ただ差し込んだだけでございます》 ---いえいえ無作(むさ)の作(さ)---作為がないこと---とも言います。活けていただいたからこそハーモニーも生まれるし、「花器」も誕生するのでしょう。ありがとう。

2006/11/02 (Thu) 11:27 | EDIT | REPLY |   
りんりんの妹  
No title

この備前の花器、すばらしいですね。すっかり釘付けです。私は備前は私の年齢にしては溢れるほどもっているクチですが、でもこんなに素敵なものは見たこと無いですよ♡思わず黒野丈治さんという作家さんチェックしちゃいました。

2006/11/06 (Mon) 06:09 | EDIT | REPLY |   
kik**sande*u12  
No title

るみこさんが話していらっしゃった備前の黒野さんの作品ですね。素晴らしい花器です。黒野さんのホームページも見せていただきました。すばらしい「表現者」ですね。あなたがよく使う表現者という意味が、理解できるようになりました。それにしても周囲には楽しい方ばかりですね。長い歩みのあるカンボジア絹絣と組み合わせるあたりあなたらしく思います。

2006/11/06 (Mon) 16:01 | EDIT | REPLY |   
Collection Saya  
No title

chronosjapan 様、クロノさんらしいコメント有難うございます。ただ恥ずかしいばかりです。佐用でお会いできることを楽しみにしております。

2006/11/06 (Mon) 18:27 | EDIT | REPLY |   
Collection Saya  
No title

りんりんの妹様、この花器の写真で壁側にしている面がまた違った表情をしています。これからいろいろ楽しみたいと思う花器です。・・・黒野さんご自身で「零度の焼締め」というヤフーブログをやっておられます。是非ご覧下さい。

2006/11/06 (Mon) 18:32 | EDIT | REPLY |   
Collection Saya  
No title

kikuesandesu12様、お名前に思い当たる方が複数おりますため、よろしければ苗字をお聞かせいただけないでしょうか。内緒をクリックしていただければ、公にせずに書き込むことが出来ます。もしくはメールをお寄せくださいませ。・・・いただいたコメントに対し記憶を巡らせております。

2006/11/06 (Mon) 18:40 | EDIT | REPLY |   
Collection Saya  
No title

黒野丈治さんご自身でヤフーブログをやっておられます。是非ご覧下さい。「零度の焼締陶」http://blogs.yahoo.co.jp/chronosjapan

2006/11/08 (Wed) 12:17 | EDIT | REPLY |   
nip*on*m  
No title

私も○NのFerner(鉢)で盆栽を入れてみました。 色々な花器、それぞれ 合う花があり、楽しみめますネ。

2006/11/22 (Wed) 12:09 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply