FC2ブログ

更紗とアジアの良布

ARTICLE PAGE

キモノまわり・1/蓮布

クラフト
  • comment12
  • trackback0


昨今のきものブームは、樋口可南子さんの影響も大きいのではないでしょうか。

写真は、ビルマの蓮布の上に、婦人月刊誌メイプルの「樋口可南子のきものまわり」

2001年9月号に掲載されたページを開いています。


この企画の清野恵理子さんの力もさることながら、樋口さんの着こなしの美しさに、

私も美しく着物を着たい!と思わずにはいられませんでした。


この号では、麻布十番にあった「うちだ」で購入した着物が紹介されています。

お召し物は、藍地の琉球絣。

帯には、内田さんにお譲りした、蓮布が帯に仕立てられ、お召しいただいております。


「うちだ」の内田みちこさんの蒐集品を展示した「十六夜キモノ展」では、

大正、昭和初期の 古き良きキモノの数々を見せていただきました。


麻布十番にあるビルの1Fにあった「うちだ」は、華胥の夢で見たような空間でした。

土間の床。数百年前のものというスペイン製の大きな木製ベンチ。

時には錆びたベットスプリングをディスプレイしていたり、

縄文か弥生の土器にツバキを活けていたり...

わび、さび、しぶみを最大限に演出されていたのではないでしょうか。

私には刺激の大きなお店でした。

内田さんご夫妻の良きモノに対する思いにも学ぶことが多くありました。


六本木ヒルズができ、麻布十番がにぎやかになったことを機に、お店を移転されたところが、

内田さんらしく思いました。最近、「うちだ」によく似たお店が増えているところを見ると、

うちださんの影響は大きかったのではないかと思いながら、ウィンドーを眺めています。


蓮布は、別名「藕絲」(ぐうし)と言われ、奈良の当麻寺には残されていると聞きます。

私が紹介する蓮布は、現在もビルマのインレー湖の近くで作られているものです。

ビルマでは、僧侶の袈裟に使われているようです。仏教国らしいですね。


何千本もの蓮の茎を繊維にし、糸に撚るだけで、大変な手間を要するものです。

こうして出来た糸を織り上げる。

気の遠くなるような作業を経て織り上げられています。

この布の、自然な色とその風合いに、すっかり魅了されております。


この蓮布に更紗(ろうけつ染め)を描いてみました。是非コチラもご覧下さい。

http://blogs.yahoo.co.jp/rmkn980302/31837.html?p=1&pm=l



---メイプルの「樋口可南子のきものまわり」の連載が話題になり、単行本化されています。

Amazon 

http://www.amazon.co.jp/%E6%A8%8B%E5%8F%A3%E5%8F%AF%E5%8D%97%E5%AD%90%E3%81%AE%E3%81%8D%E3%82%82%E3%81%AE%E3%81%BE%E3%82%8F%E3%82%8A-%E6%B8%85%E9%87%8E-%E6%81%B5%E9%87%8C%E5%AD%90/dp/4083330244/sr=11-1/qid=1165557332/ref=sr_11_1/249-0169495-3873976

Comments 12

chocoholic  
No title

綺麗な着物の柄や、個性の光る帯などを見ていると、うっとりしてしまいますよね。何かの機会に着物、着てみたいといつも思っているんだけれど・・なかなか実現しません(^^;カウンの赤、素敵ですね。

2006/12/05 (Tue) 20:52 | EDIT | REPLY |   
天珠  
No title

このお写真は、確か本屋さんで立ち読みした時に見た覚えがあります。着物の素晴しさは勿論ですが、樋口さんの年の重ね方の美しさに惹かれるものがありました。樋口さんの醸し出す雰囲気がお着物がぴったりなんですよね。そうでしたか、さや様のお知り合いでしたか。そのお方の感性の素晴しさを感じます。

2006/12/07 (Thu) 10:15 | EDIT | REPLY |   
nip*on*m  
No title

樋口さんは 本当に和服が似合いますね~

2006/12/12 (Tue) 18:41 | EDIT | REPLY |   
ozawami  
No title

樋口可南子さんは、私の憧れの方です。いつも、素敵に着物を着てらっしゃいますよね。この本はとても参考になってます♪

2006/12/14 (Thu) 12:00 | EDIT | REPLY |   
Collection Saya  
No title

choco様、きれいなものは見ていて心が豊かになるような気がしますよね。カウンの赤の良さを感じていただけて嬉しく思います。有難うございます。

2006/12/14 (Thu) 12:56 | EDIT | REPLY |   
Collection Saya  
No title

kobao96様、樋口さんの年の重ね方に、私も見習いたいと思っております。(無理そうですが...)

2006/12/14 (Thu) 12:57 | EDIT | REPLY |   
Collection Saya  
No title

nipponjm 様、樋口さんはほんとに和服がお似合いですよね~

2006/12/14 (Thu) 13:00 | EDIT | REPLY |   
Collection Saya  
No title

ozawami様、いつも素敵に着物をお召しになっているのは、きものまわりの本も参考になさっているのですね。なるほど。

2006/12/14 (Thu) 13:04 | EDIT | REPLY |   
kimono_koubou_2  
No title

当麻寺の蓮布は五色の糸で織られた曼荼羅で当寺の本尊だそうですね。中将姫が織ったものとか?5月にはそのお祭りがあリ35人の仏?二分する人がその面をつけ(面には眼が無く見えない)稚児の手に引かれて参拝客の前を歩いていくそうです。昨日お帰りになったあとお茶の先生から伺ったばかりの湯気の出るお話です。

2007/05/12 (Sat) 17:01 | EDIT | REPLY |   
Collection Saya  
No title

さすが、お詳しいですね。当麻寺もそうですが、奈良のお寺の所蔵品はアジアを感じさせるものが多く、とても興味深い場所です。

2007/05/26 (Sat) 00:14 | EDIT | REPLY |   
1emmali  
No title

sutekidesu ...

2007/06/27 (Wed) 04:53 | EDIT | REPLY |   
Collection Saya  
No title

有難うございます。そちらに伺いましたが、そちらも素敵でした。オランダの風が新鮮でした。また遊びにお越し下さいませ。

2007/06/28 (Thu) 00:12 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply