FC2ブログ

更紗とアジアの良布

ARTICLE PAGE

ジャワ絹更紗の仕覆

クラフト
  • comment10
  • trackback0


ゴブレットというか、ワイングラスは、沖縄の「為又」(びーまた)の土を使った焼締め。

昨年、暮布図(くらふと)展に出品した、沖縄在住の陶芸家ポールロリマー氏にお譲りいただいたもの。

それに、ジャワ絹更紗のハギレで仕覆を作ってみました。制作は水野このみさん。


今年のはじめ、お針子作家の水野さんと、名古屋の徳川美術館で開催されていた徳川家所蔵の

「名物裂展」を見に行きました。さすが徳川家、茶道具、衣装や、古渡り更紗、錦織、緞子の裂など、

素晴らしいコレクションの数々でした。


現代に残された技術を駆使しても、あの頃の、細やかな織布や染布は、

作ることはできないのでしょうか。そう思うと、先人達の技術の細やかさと、美意識に、

あらためて学ぶものは多いと感じます。


大事にしたいモノを、好きな布で包む。

楽しいですね。

Comments 10

cre*mwa*e1*79  
No title

仕覆綺麗な形に仕上がっていますね。シックな色合いが 形に合ってて好きです。昔の布は今に出せない味がありますよね(゚ー゚*)

2007/03/07 (Wed) 20:30 | EDIT | REPLY |   
赤唐辛子  
No title

いいですね~。私もワイングラスを焼いてほしい方がいます。新城栄伝さんという陶芸家の方なのですが宜野座にいらっしゃいます。キリスト様のような風貌の方で宮古島出身の方です。新城さんにグラスを焼いてもらったら私もちゃんと仕覆を作って大事にします(妄想です)

2007/03/07 (Wed) 22:45 | EDIT | REPLY |   
chocoholic  
No title

上品な色合いと、形。表面はちょっとボコボコしてるのかな、素敵ですね~。

2007/03/08 (Thu) 12:23 | EDIT | REPLY |   
nip*on*m  
No title

いいですネ~ 渋いですね~

2007/03/12 (Mon) 21:10 | EDIT | REPLY |   
りんりんの妹  
No title

大事にしているものを美しい布でくるむのって、温かくていいですよね。私も人さまにお気に入りの器などお贈りするときは、こういうことを考えたいです。しかし袋物がいいと、器自体も女が(男が?)あがりますね♪

2007/03/20 (Tue) 00:52 | EDIT | REPLY |   
Collection Saya  
No title

creamware1979様、昔の布には、学ぶものがたくさんありますね。この色合い、シックで良いでしょう?

2007/04/16 (Mon) 21:53 | EDIT | REPLY |   
Collection Saya  
No title

赤唐辛子様、新城さんという方の作品、有楽町のわしたショップで見ました!壷屋焼というより独特の作風ですね。(新城さん違いならごめんなさい)

2007/04/16 (Mon) 21:55 | EDIT | REPLY |   
Collection Saya  
No title

choco様、その凹凸は花織り(紋織り)という織り方です。また味わいがあるのでは...と思います。いつもありがとう!

2007/04/16 (Mon) 22:00 | EDIT | REPLY |   
Collection Saya  
No title

nipponjm様、絹の光沢がさりげなく渋いです。

2007/04/16 (Mon) 22:01 | EDIT | REPLY |   
Collection Saya  
No title

りんりんの妹様、おっしゃられるように器にも女性的なものがあるように思います。それをユニセックス(!?)にしていくのが楽しい...ような...デス。

2007/04/16 (Mon) 22:03 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply