FC2ブログ

更紗とアジアの良布

ARTICLE PAGE

vol.1古帛紗/暮布図 craft展 2007・KANSAI 

暮布図(craft)展
  • comment5
  • trackback0


かつて、シガラジャ(インドネシア・バリ)が栄えていた頃、

高位な方が肩掛に使っていた、金糸使いの紋織りです。

その歴史から考えると150年以上前のもの。

以前、インドネシア人の友人から、「子供の結婚式の費用のために売りたい」

との申し出があり、考えた末に購入しました。


当初から、畳み目が裂けつつあり、あまり状態がよくなかったため、

布に挟んでロール状に巻いて保存。

けれど、巻いた時に引っ張りすぎたのか、とうとう裂けてしまいました。


せっかくの古くて良い布なので、何かに活かせないかと考え、

一部を水野このみさんに、古帛紗に仕立ててもらいました。

茶会の席では「シガラジャ間道」と名が付くのでしょうか。

1点限りのものです。



---古帛紗の下に敷いた布は、さき織りです。

今回の暮布図展には、関西在住の方々からのご要望もあり、展示販売させて

いただくことにしました。織り仲間の竹内啓子さんが織ったものや、私が織った

ものなどいろいろあります。


そのままテーブルセンター、花瓶敷きなどにご利用いただけるのはもちろんですが、

めがねケース、ペンケース、バックなどの素材としてもご利用いただけます。

暮布図展ではお手ごろな価格設定で展示。販売予定価格 1890円(小)より



暮布図craft展

20077年6月15日(金)~23日(土)まで「風来」(明石・兵庫)にて

JR・山電「明石」駅 徒歩10分

http://blogs.yahoo.co.jp/rmkn980302/33177241.html

Comments 5

ksd**sdyk*dy  
No title

どうぞ明石の6月を楽しんでください。
そして、明石での碁布図展が盛会になるように祈っております。
時間が取れれば、寄りたいと思います。
いつも拙いブログを訪問してくださり、ありがとうございます。

2007/05/30 (Wed) 16:55 | EDIT | REPLY |   
Collection Saya  
No title

ありがとうございます。明石へはなかなか行く機会がないので、この機会にいろいろ見て周りたいと考えています。早くも「干し蛸」をかならず買って帰りたいと考えています。

2007/05/31 (Thu) 20:56 | EDIT | REPLY |   
kimono_koubou_2  
No title

素敵な折ですね!ほんの少しを帯に使ってみたいですね!

2007/06/08 (Fri) 13:05 | EDIT | REPLY |   
Collection Saya  
No title

そうですね。ほんの少し帯びに使ってみたいと思ってみたりします。
合わせる生地が難しいかなと思ったりです。きもの工房さんのお知恵を借りて、作ってみようかな。。。

2007/06/08 (Fri) 23:21 | EDIT | REPLY |   
nip*on*m  
No title

昔の良いもの 活かしたいですよね~ 良いものに生まれ変われれば良いですね~

2007/06/11 (Mon) 14:30 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply